Top
塩麹と甘酒で簡単!牛すじどて焼き
c0226901_2283573.jpg


塩麹にはまりだしてから、苦手なお肉や、硬いものに挑戦したくなっています。

今日は、そのトップでもある牛すじ肉に着手しました!(^▽^)/

亡くなった父がどて焼きが好きでした。
小さい頃は、美味しいと思って、食べれてたのが、
大人になってから、味付けは好きなんだけれど、どうも、牛すじ肉を食べれなくなりました。



塩麹はお肉を柔らかくする特性があることを知ったので、
この牛すじ肉も、塩麹をまぶして、1週間、冷蔵庫で置きました。

何かと、下処理が面倒な牛すじ。

以前は、圧力鍋で何度かゆでこぼしをした覚えが・・・。

けれど、塩麹のおかげで、ゆでこぼしも一度ですみました。

なぜなら、あくがあんまりでなかったの。
牛すじって、あくがすごくでますよね?
それに、その時の匂いってすごくないですか?
その匂いすらも、あまり、感じられなかったよ。

これも、やっぱり、塩麹のおかげなのかな~~?

あくがあまりでないので、一度、茹でこぼしをしただけで、
新しいお湯に塩麹を少々いれて、すじ肉を柔らかくなるまで煮込みました。
その間、1時間くらい。
普通のお鍋でやったのに、やっぱり、早いわ・・・・@@


そして、新たに、お鍋に牛すじをいれて、
甘酒(酒粕から作った甘酒)をすじ肉がひたるくらいまで、どぼどぼっていれて、
お味噌と醤油をほんの少しだけいれて、煮汁が少なくなるまで煮ました。


最終的に、出来上がりまで2時間~~♪
圧力鍋を使ってないのに、早くない?

美味しく簡単にできちゃいましたよ♪


c0226901_22182410.jpg

夫が、美味い!美味い!といって、食べてました^^

私は・・・・、
一口食べて、美味しい~♪って思ったけれど・・・、
すじ肉の食感がやっぱりだめでした・・・・・^^;
[PR]
Top▲ | by mari-mystyle | 2012-02-13 00:00 | 家族でご飯
<< 大豆のポタージュ | ページトップ | 塩麹パックでお肌つるつる! >>
"Spring Flower Border" Skin
by Animal Skin