Top
酒粕でアップルサイダー作りました
c0226901_1415224.jpg


写真でわかるでしょうか。
コップの内側にシュワシュワーって、泡がでてるのが。

酒粕でアップルサイダーを作りました。

作り方は、いたって、簡単です。
リンゴジュースの瓶に少量の酒粕を入れるだけ。

そのまま、今だと常温で3日くらいで、発酵して微炭酸のサイダーになります。


今、塩麹に夢中で、私は、他のこと、興味ないって感じでしょう?(笑
non!non!
去年の今頃にはまっていた酒粕を使った料理、健在でござりまする(笑

で、久々に本屋さんに行ったら、こういう本を見つけました。

c0226901_14155589.jpg

酒粕のおいしいレシピ <農文協 ¥1300>


このアップルサイダーはこの本に載っていたものです。
詳しくは、こちらの本にてどうぞ♪


面白そうなので、作ってみました。

本には、3日くらいで、完成と書いてあったのですが、
なかなか、炭酸化しなくて、失敗したんだと思って、放置していました。
そして、もう、捨てようと思って、10日めくらいに瓶の蓋をあけたら、
いきなり、シュワーーーッて噴出したーーーーーーーーーー@@

おおお、できてたんだ~~♪
一口飲んでみたら、発酵しすぎ?
お酒になってました・・・・(爆

もう少し、早めに気がつけば、普通のリンゴジュースの炭酸になってたかも・・・。

お酒がお家でできるって知ってはいたけれど、
酒粕から、いとも簡単にできるとは・・・・@@

いあ~~~。
塩麹も面白いけど、酒粕もまだまだ、奥深くて、面白い~~~~ヾ(=^▽^=)ノ



ちなみに、酒粕に含まれている酵母が、リンゴジュースの糖分で発酵するのだそうです。
そして、この発酵がもっと進めば、シードル(リンゴ酒)、アップルビネガー(酢)になるのだそうです。
ビネガーになるまで、放置しておこうかしらん?(笑)


c0226901_14244582.jpg


飲むときは、茶漉しなどで、酒粕をこしてから、どうぞ。


本当は、グラスに注いだら、炭酸がシュワーッて、勢いよくでるんだよね。
そこをカメラにおさめたいんだけれど・・・・
なかなか、うまく撮れませんでした><

こういうときは、私がカメラで連写できるように構えてて~~、
誰かが、グラスに注いでくれたらできたかも・・・・・?(笑
[PR]
Top▲ | by mari-mystyle | 2012-02-06 00:00 | お菓子/飲み物
<< 蒸し大豆と干し桜海老の掻き揚げ | ページトップ | 塩麹で干し野菜のおでん >>
"Spring Flower Border" Skin
by Animal Skin