Top
柚子とすりおろしリンゴのゼリー
c0226901_2336074.jpg


月に数回、妹のところへ母が行くので、夫も母もいない日があります。
だから、朝から晩まで、一人っきり。
この日は、ゆっくりできるので、めちゃめちゃ、テンションがあがります(笑

だからといって、寝てるわけじゃないよ(笑

テンションがあがってるので、掃除フェチな私は、朝から大掃除。
そして、キッチンでは、ことこと、鍋で煮物を作ったり、
やる気があったら、パンを作ったり。

今日は、ゼリーを作りました。

頂き物のお菓子で、そのゼリーが大変に美味しかったので、
ゼリーが包まれていた袋の裏に書いてある材料をみて、
こういう具合でできるかな~てね^^

ちょっと、寒天の量が多かったのか、やや固めだったけれど、
それらしくできました(笑



 
----- レシピ -----

☆ 材料
柚子 1個
リンゴ 1個
寒天 4g
水 400cc
シロップ または、蜂蜜  お好みの甘さの量

☆ 作り方

① 柚子は、半分に切って、果汁と皮にわける。
   皮は千切りにして、二度ほど、湯こぼしをする。
② ①の皮をシロップまたは、蜂蜜で汁気がなくなるまで、弱火で煮る。
③ ミキサーに①の柚子の果汁とリンゴを入れて、すりおろす。
  (ミキサーがなかったら、ボウルに柚子の果汁を入れて、すりおろしきでリンゴをする)
④ 鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ、粉寒天をとかす。
⑤ ④に③を入れる。このとき、あくがでるので、あくをとる。
⑥ あくをとったら、好みの甘さになるまで、シロップか蜂蜜をいれ、②の柚子の皮をいれ、荒熱をとる。
⑦ 荒熱がとれてきたら、柚子の皮が均等に浮くように混ぜて、プリン型にいれて、冷蔵庫で冷やし固めて、できあがり。

※ りんごはすったら、色がすぐに変わるので、必ず、柚子の果汁につかるようにします。
※ やわらかめがいい人は、寒天の量を減らしてください。





c0226901_23503370.jpg


柚子の香り、そして、柚子の皮の食感が楽しく、
リンゴの甘さが脇役な、さわやか~なゼリーでした。





昨日は、大寒波到来だそうで、水道の水がなかなか、お湯にならなかった。
やっぱ、それくらい寒いのね。
天気予報で、この冬一番の寒さだっていってたので、
いまだ、腰の悪い私は、朝から、背中と腰にホッカイロを貼って過ごしました(笑
おかげで、腰の痛みも少なかった~。
やっぱ、冷やすとだめなんだね。
冷えって知らず知らずのうちにきてるんだな~って実感。


まだ、若かった頃、腰を冷やすとだめよ、歳がいってから、それがくるよって、言われ続けていたんだれど・・・・
今になって、それを実感・・・
やっぱ、年配の人の言うことは、ちゃんときいておけばよかったと、後悔先にたたずです・・・^^;
[PR]
Top▲ | by mari-mystyle | 2012-01-12 07:50 | お菓子/飲み物
<< 大人気だった唐揚 | ページトップ | 塩麹を使って、即席 柚子風味の... >>
"Spring Flower Border" Skin
by Animal Skin