Top
オレンジのチキン南蛮 oishii
c0226901_005381.jpg

みかんは苦手です。
食べれないことはないけれど、食べようと思いません。
でも~~!
みかんの効能を知った今年は、毎日、食べています。
私ってこういう奴なんですわ~~(あはは笑

で、みかんをお料理にもと考えたのが、今日のお料理です。
南蛮で使うお酢の代わりに、みかんの酸っぱさを代用した一品です。


----- レシピ -----(一人分)
☆ 材料
鶏胸肉  1/2枚
塩コショウ
米粉(または、片栗粉)



みかん(小) 2個
蜂蜜(または砂糖) 少々
みりん 30ccくらい
生姜汁  小さじ1杯
醤油 少々

水溶き片栗粉

☆ 作り方
① みかんは皮をむいて、房ごとみりんとともに、FPにかける。
② 鍋に①を入れて、蜂蜜、生姜汁、醤油を入れて、火にかけ、水でといた片栗粉を入れて、あんにする。
③ 鶏胸肉は適当な大きさに切って、塩コショウをし、少量の水でといた米粉をつけて、油でからりと揚げる。
④ ③を②に入れて、あんをからませて出来上がり。


※ FPがなかったら、みかんは絞り器でみかんの汁を絞って使ってね。
  その場合、もう少し、みかんは足したほうがいいかも。
※ 蜂蜜(または、砂糖)は、お好みの甘さで調節してください。
※ 生姜汁は、味をひきしめるために使いました。




c0226901_071242.jpg

考えて作ったものの、お味はどうかな~って一口食べてみたら・・・
これが~~!いける!めちゃ、美味しい!
自画自賛ですが、本当に美味しい!
オレンジの香りもいいし、みかんが油こさを消してくれて、パクパクといけちゃったの!
Christmasにはもってこいじゃないかな~~。
また、から揚げが残ったり、飽きたときなんか、一手間加えて、変身させるのもいいんじゃないかな~。
この日は母がいなかったので、私一人の食事でしたが、母にも食べさせてあげたいって思いました。



で~~!
どうして、私がみかんを食べるようになったのか、
みかんの効能です~~♪

c0226901_0103183.jpg

・ ビタミンC 抗酸化ビタミンの代表格で、活性酸素を除去して皮膚組織の老化を防ぐ他、コラーゲンの産生を助ける。

・ βクリプトキサンチン コラーゲンの産生を促す。オレンジ色の色素成分で、コラーゲンの産生を促し、メラニンの生成を抑える。

・ セラミド 肌と髪に潤いを与える。 細胞同士を結びつける接着剤のような脂質。肌や髪に欠かせない潤い成分。

・ ヘスペリジン 血流を改善する。 フラボノイドの一種。血管の機能を高め、コレステロール値を改善。血流アップ効果も。


みかんにはこれらの美肌効果がいっぱいなんです!

みかんを一日3個、毎日、一ヶ月以上食べ続けると、長期間の美肌効果と生活習慣予防にもつながるそうです。

そこで、実験されたのですが、
みかんを一日3個、2週間食べ続けた結果、皆、肌の水分量がアップしたと報告もあります。
そのほか、毛穴が目立たなくなる、頬の赤みが落ち着く、にきび菌が減るなどの効果もみられたそうです。

また、βクリプトキサンチンは、油にも溶けやすく、油ととると吸収されやすくなるそうです。
油っこいものを食べたあとは、みかんを食べると頭にいれておきましょうと、本にも書いてありました。
だから、今日のお料理はぴったり!

その上、βクリプトキサンチンは貯蔵できるので、
遅めの出荷のみかんが店頭に並ぶ2~3月ごろまでしっかり食べておけば、紫外線が気になりはじめる春先まで効果持続もあるとのこと。

もう、これは、食べなきゃ、損だー!
と、みかんが苦手な私、美肌目指して、毎日、せっせと3個食べてます♪
[PR]
Top▲ | by mari-mystyle | 2010-12-07 00:23 | 家族でご飯
<< 棒状ミンチと野菜の生春巻き | ページトップ | クリスタルジンジャー >>
"Spring Flower Border" Skin
by Animal Skin